MENU
プロフィール背景画像
さと
ブロガー
海上保安官だった祖父の影響で東京海洋大学へ進学。卒業後、外航船航海士を経てブロガーの道へ。お仕事でクルーズ船の乗船体験記を執筆することが目標です。

今だから乗りたい!飛鳥2のおすすめポイント3選【客室・料金も】

飛鳥2といえば、郵船クルーズが所有する国内最大の豪華客船。
1泊5万円台~のラグジュアリー船で多くの人が一度は乗ってみたいとあこがれる飛鳥2ですが、日本船ならではの1泊~のショートクルーズも用意されており意外と手を出しやすい船でもあるんです。

たしかに一泊~だったらクルーズ料金も高くならないし長期休暇をとらなくてもいいから行けるかも!

新型コロナで外国船の運航が次々と中止されている今だからこそ、日本船の飛鳥2は絶対乗るべき!
そこで今回は、高嶺の花のようで意外と手が出しやすい、飛鳥2のおすすめポイント3選をご紹介します。

さと

海洋大出身・元外航船航海士のクルーズオタク・さとが解説するよ!

目次

飛鳥2のおすすめポイント

飛鳥2は日本船であることから、日本人が快適に過ごせるような工夫がいっぱい!
中でもこれからご紹介する3つのおすすめポイントは、とくに皆さんに知っていただきたい特徴です。

全室海側・高級マットレス・バスタブ・シャワートイレ完備の快適空間

飛鳥2は全室海側の客室で、室内から雄大な海の風景を眺めることができます。

室内には1870年創立の高級ブランド・シモンズと共同開発したマットレスが完備されており(3名用のソファベッドは除く)、バスタブやシャワートイレもついているなど、ここまで日本仕様が極められているのは日本国内でも飛鳥2だけです。
シャワーヘッドも外国でありがちな固定タイプではなく動かせるので、ストレスフリーなのもうれしいポイント。

船内での食事やイベントが注目されがちなクルーズ旅行ですが、しっかりと体を休められる充実した設備はさすが飛鳥2といったところですね。
全体の6割以上の客室にはバルコニーがついておりバルコニーなしの客室でも角窓があるので、お部屋でも贅沢にリラックスできる点は他にはない特徴です。

日本船ならではの多彩なクルーズプラン

飛鳥Ⅱでは日本船であることから、1泊から世界一周まで幅広いクルーズプランが用意されています。

ショートクルーズは非常に人気で、クリスマスのワンナイトクルーズは20~30代の方にも好評だそう。
憧れの飛鳥2に手軽に乗れるということもあり夏ごろから申し込む人も多いようなので、早めのご予約がおすすめです。

また2022年には横浜および神戸発着の世界一周クルーズが予定されています
地中海やヨーロッパ、カリブ海などの30の寄港地をめぐる107日間のクルーズで、31の世界遺産が観られるそう。
独特の通狭方法で有名なパナマ運河や「世界一美しい海岸」といわれる古都・アマルフィなど、洋上からの見どころも満載です。

記念日には特製デザートや生演奏のサービスも

誕生日や結婚記念日、ハネムーンなどの特別な日にぴったりのクルーズ旅行ですが、飛鳥2ではそんな記念日の方に特製デザートプレゼントや生演奏、記念品でのお祝いサービスを用意しています。
これらに該当する方は、乗船前に旅行会社に伝えておきましょう。

またダイヤモンド婚式や金婚式、銀婚式の年に2泊3日以上のクルーズに参加する方は写真やアニバーサリーカクテルのプレゼントも。
せっかくの記念日なので、両親へのプレゼントに飛鳥2でのクルーズ旅行をプレゼントするのもおすすめです。

飛鳥Ⅱの基本情報

郵船クルーズは2021年3月、新客船建造を決定したことを発表しました。
2025年にデビュー予定だそうです。

日本最大のクルーズ船、飛鳥Ⅱ。
クルーズ船の中でも最高級のラグジュアリークラスに分類される、まさに豪華客船の名にふさわしい船です。

クルーズ専門誌「CRUISE」で毎年開催される読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤーで」28年連続受賞しており、その人気は不動のものといっても過言ではないでしょう。
ラグジュアリー船だからこそのきめ細かいサービスを受けられる一方でクルーとゲストの間にはほどよい距離間があり、息が詰まることもありません

日本人クルーによる絶妙なホスピタリティは、まさに日本船ならでは。
日本語でコミュニケーションをとれる安心感や美術品あふれる美しい船内、目でも舌でも楽しめるメニューの数々などで、多くのゲストを虜にしています。

全長 241m 乗客定員 872名
全幅 29.6m 乗組員 約470名
総トン数 50,444トン 客室数 436室(全室海側)
航海速力 最高21ノット 就航 2006年2月

客室

飛鳥Ⅱには、以下の客室が用意されています。

  • S ロイヤルスイート
  • A アスカスイート
  • C アスカスイート
  • C スイート
  • D/E バルコニー
  • D トリプル
  • F/K ステート

C、F客室には車いすをご利用の方のためのお部屋があります

F/Kステートにはバルコニーがありませんが、角窓がついており外の景色を眺めることができます。
ツインベッドやバスタブ、シャワーつきトイレ、冷蔵庫などが備え付けられており、低価格帯の客室といえどお部屋の中で過ごすには十分の空間であるといえるでしょう。

D/E バルコニーには開放的なプライベートバルコニーがついており、眺めも抜群。
またスイート以上のお部屋では、朝・昼・夕すべての食事を客室内でいただける「インルームダイニングサービス」やウェルカムスパークリングワインなどのサービスも。

さと

飛鳥Ⅱには人気Youtuber・スーツさんも乗船しており、船内での動画もアップされています。スーツさんらしい軽快な語り口で詳しく船内説明などされているので、ぜひ一度ご覧あれ!

レストラン・食事

飛鳥Ⅱに乗船すると、朝・昼・夕の食事はもちろん軽食やデザート、夜食なども食べ放題(一部有料あり)。
朝食・昼食は和食か洋食をお好みで選択(会場も異なる)、夕食は日ごとに決められたメニューをいただけます。

朝食・昼食
  • 和食:フォーシーズンズ・ダイニングルーム
  • 洋食:リドカフェ(ビュッフェ)
夕食
  • 当日メニュー:フォーシーズンズ・ダイニングルーム

夕食は17:30〜19:15と19:45〜21:30の2回制
時間帯は乗船前にあらかじめ割り振られていますが、希望がある場合は申し込み時に旅行会社に伝えておくとよいでしょう。

「夕食の時間が早いとお腹が空いてしまいそう……」と心配になる方もいるかもしれませんが、23時からは同会場で夜食も提供されているので大丈夫!

さと

体重管理もしつつ(笑)、美味しいものを食べまくりましょう!

船内施設

飛鳥Ⅱの船内にはレストランやバーをはじめ、プールやスパ、映画館に図書館など、船旅を満喫できる施設が豊富にそろっています。
代表的な施設は、以下のとおり。

レストラン・バー
  • 各種レストラン
  • 各種バー
  • クラブ
スポーツ・リラクゼーション
  • プール
  • フィットネスセンター
  • スパ
エンターテイメント・カルチャー
  • ショーラウンジ
  • 映画館
  • ダンスホール
  • ゲームサロン
  • 図書館
  • 和室
その他
  • セルフランドリー
  • 診療室
  • スモーキングラウンジ

飛鳥Ⅱの料金相場

飛鳥Ⅱはラグジュアリー船に分類され、最低でも1泊約5万円~になります。
参考までに、2021年7月4日~予定されている「横浜発着 夏の北海道クルーズ(6泊7日)」の料金はこちら。

月日 スケジュール
7/4(日) 横浜
7/5(月) クルージング
7/6(火) 函館
7/7(水) 苫小牧
7/8(木) 釧路
7/9(金) クルージング
7/10(土) 横浜
客室K:ステートE:バルコニーD:バルコニーC:スイートA:アスカスイートW:和洋スイートS:ロイヤルスイート
料金(円)348,000439,000449,500671,000854,500930,0001,486,500
旅行代金(2名1室利用時)お一人様

最も料金の安いKステートでも1泊58000円になりますが、飛鳥Ⅱの贅沢なサービスを考えると結婚記念日など特別な日でしたら奮発してもいい金額なのではと思います。
日本船なので船内生活も不便することはありませんし、身内へのプレゼントにもぜったい喜ばれるはず!

【まとめ】飛鳥Ⅱ

今回は、日本最大の豪華客船・飛鳥Ⅱについてご紹介しました。
高い知名度を誇り人々が口をそろえて「一度は乗ってみたい」というのも納得のクルーズ船でしたね!

飛鳥Ⅱでは、抗菌・抗ウイルスフィルターを備えた空調システムでの空気の入れ替えや徹底した清掃・消毒、船内での検査チームの設置など、新型コロナに対する体制強化に取り組んでいます。

乗客へも乗船前のPCR検査を義務付けるなど、他船社と同様に入念な配慮を重ねているようです。
詳しい対策については、公式サイトからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる